​特別対談

bable(演出) × 植木哲(座長)

〜​演出家とキャストがin my Lifeを語る〜

2人の出会いについて

 植木:稽古場でしたね。

bable:環境保全を訴えるミュージカルでしたね。哲さんは元々はクラシックの人ですよね?

 植木:そうです。クラシックの世界でサクスフォンとかやってました。

bable:あの時の公演もたしか世界10カ国の大使、大臣が集まる環境保全のミュージカルでしたよね。

 植木:はい、よく覚えてます。bableさんが主演で、僕がその相方役でした!

bable:つまり最初はお互い、役者と役者での出会いでしたね。僕は何もできなかったので、哲さんにおんぶにだっこで面倒見てもらいました。

 植木:いやいや、そんなことないですよ。(笑)

bable:舞台で一度共演したくらいの人って、それっきりで、なんだかんだで連絡取り合ったりしないんですが、哲さんはなぜか続いたんですよね。

 植木:その後、よく飲みに行きましたね。

bable:そうそう、そのお陰で良い信頼関係が築けたと思います。

in my Lifeについて

bable:哲さんはどう思います?参加していただいて。

 植木:オムニバスということで、1つ1つに趣旨、カラー、違いがあるじゃないですか。それが面白いです!自分の出る作品もワクワクしますが、他のも見学してると出たくなっちゃいますよ。(笑)

bable:そう言ってもらえるとすごく嬉しいです。やっぱりキャストの知り合いが観に来てくださるわけですから、僕としてはキャスト全員が主役、目立つようにという意図でオムニバスがやりたくて・・・

 植木:来ていただいた人は楽しめると思います。特に名曲の数々がたくさん出てくるので、曲が楽しめる、そして音楽大学出身など歌唱力のあるキャストが多くて、稽古場でみんなの歌を聴いてるだけでテンションが上がります。

bable:よかったです。じゃあ、歌も期待してくださいって堂々と告知して大丈夫ですかね?

 植木:大丈夫ですよ!歌、楽しんでいただきたいです。

bable:では堂々と言っていきます!(笑)

 植木:はい!

出演する作品について

<第4章「恐怖の告白の恐怖」について>

 植木:これはですね・・・本当に笑いあり、衝撃ありな作品で。

bable:そうですね。(笑)

 植木:ただ、コントではなく、あくまでミュージカル、演じるステージなので、僕としてはお笑い芸人的なものを作ってはいけないと思ってるんです。

bable:それ、素晴らしい意見ですね!たしかに僕らは役者として「芝居」で魅せたいですよね。

 植木:だから怖いなって思ってる部分がまだあるんです。

bable:なるほど。

 植木:でもまだ稽古も時間もあるので、本番までに自信100%となるように仕上げていきます!芝居はもちろんですが、お客さんにもほっこりした甘酸っぱさみたいな感覚になっていただきたいです。そのためにも形だけの舞台演技ではなく、まずは自分の心を僕がしっかり作り上げて、感情を込めて届けたいです。

bable:そうですね。特に最後のシーンは演出もこだわりがあるので、あそこはしっかりと仕上げたいですね。

 植木:18分のシーン、肝ですから!

bable:要注目ですね。

主催団体「Life Style Musical」について

bable:僕ら「Life Style Musical」は、生活の中に、あらゆる身近な場面にエンターテインメントだったり、ミュージカルを届けたいという理念でやっているんですが、日常の中ってそういう小さなドラマがたくさんあると思うんですよ。

 植木:僕はそこに強く共感したので参加を決めました。きっと他のキャストも、今回はそこに乗っかりたい!って思った人たちの集まりだと思います。

bable:僕はもともとは集団の群像劇、群舞の演出や振り付けが専門で得意なんですよ。正直に言うと、こうしたオムニバスは専門ではなく、ある意味では挑戦だったんです。

 植木:良い意味で「これがミュージカルだ!」という押し付けでもないし、ミュージカルが得意じゃない人にも楽しめると思います。そういう意味で「Popsミュージカル」なのかなって思いました。

bable:正に僕がやりたいことって、その世界観なんです。台本もそうだし、楽曲とか、舞台のセットとかもそういうコンセプトなんです。

植木:セット!今回のセット可愛いですよね。僕あれすごく好きです。

bable:小劇場の中で楽しめる、身近な世界観ですね。

植木:とにかく温かいいんです。作品ごとに色は違いますが、この温かみのある世界がいいですよね。

植木哲より

ファンの方々、観に来てくださる方々へ

 

 僕のことを知っていただいてる方々はオーソドックスな「ミュージカル」としての演技をする植木哲を今まで観ていただいたと思いますが、今回は「芝居」+「歌」で楽しんでいただきたいです。歌の上手い下手とはまた違う意味での「味」を追求して稽古をしてますので、そのあたりも是非楽しんでいただけたら幸いです。

 なお、今回は役名も「植木哲」ですが、A公演、B公演、それぞれ違う植木哲に成りきってますので、楽しみにしていてください。

劇場でお会いしましょう!

植木哲が出演するミュージカル

「in my Life」

チケットのお申し込みは

>>こちらから<<

(本公演は終了しています。)

Copyright © 2019 Life Style Musical Tokyo Japan All Rights Reserved.